室内用220万画素HD-SDI/EXSDI/CVI対応 赤外線 ドーム防犯カメラ 広角レンズ3.6mmで広角監視が可能 SHDD-HDSDI-CVI220D2

室内用220万画素HD-SDI/EXSDI/CVI対応 赤外線 ドーム防犯カメラ 広角レンズ3.6mmで広角監視が可能 SHDD-HDSDI-CVI220D2
商品名 室内用220万画素HD-SDI/EXSDI/CVI対応 赤外線 ドーム防犯カメラ 広角レンズ3.6mmで広角監視が可能 SHDD-HDSDI-CVI220D2
価格 12,800円
販売元 防犯カメラ専門店アルタクラッセ
商品詳細 SHDD-HDSDI-CVI220D2は、放送用に使用されるHD-SDIデジタルフルハイビジョン画質で映像を出力する室内用赤外線ドームカメラです。デジタルシグナルプロセッサー(DSP)のEYENIX社製チップとPANASONIC製CMOSセンサーの組み合わせを使用することでリアルWDR(リアル逆光補正)で映像を撮影することができます。赤外線LEDを21個搭載することで照明のない暗闇(照度0Lux)での監視距離10mの撮影が可能です。通線ケーブルは3C2Vや5CFBを使用するので、既存のアナログカメラのケーブルを使用することが可能です。マンションや戸建てなどのアナログカメラの更新にもおすすめです。 220万画素の高画質でデジタルズームの機能でより鮮明な映像を実現! 単焦点3.6mmレンズの採用で画角は約67度までの範囲をカバー、死角を少なくした監視が可能です。 OSD機能を使用して逆光補正、明るさ、色合い等細かな映像設定が可能 照度0luxの暗闇でも撮影可能な赤外線LEDを21個搭載し、10m先の被写体まで監視が可能 HD-SDI/EX-SDI/HDCVIの3規格の出力が可能なマルチデジタルシグナルプロセッサーを採用 3軸構造で斜面など水平、垂直、斜め壁面に設置可能 SONY製CMOSのモジュールを採用することで、より明るい鮮明な映像を映し出すことが可能 アナログHDはアナログ信号を使用している為、配線距離が長くなると映像の劣化によりノイズが発生します。HD-SDIはデジタル信号により映像劣化度が低く、ノイズがきわめて少ない鮮明な映像を出力する事が出来ます。 HD-SDIは放送局で使われるハイビジョンカメラの方式で多重伝送が可能で主にハイビジョン設備に使用されています。 従来のアナログカメラと比べ、解像度が圧倒的に向上しています。720×480だった画像のサイズが1920×1080と2倍以上になっています。さらに映像の一部を拡大しても細部までくっきり見ることができます。 52万画素アナログカメラでは認識できない文字も、220万画素のフルハイビジョンカメラでは、大きい文字はそのままでも読み取り、小さい文字はデジタルズーム機能を使ったりして読み取ることが可能です。 220万画素のフルハイビジョン画質で表示→クリックで拡大表示に拡大します。高画質220万画素 HD-SDIフルハイビジョン 赤外線室内用赤外線ドームカメラ 220万画素の高画質フルハイビジョン撮影が可能。 オフィスなどのソフト監視に!

楽天ウェブサービスセンター

【楽天市場】ランキング市場 【ダイエット・健康】

2018年8月18日 00時00分 更新

楽天ウェブサービスセンター

防犯対策をご検討の方へ

ページトップへ