防犯ブザー 音

防犯ブザーを選ぶとき

デザインも気になりますが・・・

音量についても確認することが大切です


音が大きければ大きいほど

不審者を撃退する効果が期待できます

ただ、さすがに音が大きすぎると自分の耳も痛くなる

これが嫌だという人もいます


とくに夜道で一人歩きしている女性となると

物静かな中で大きな音を出すことに躊躇する人もいるかもしれません

どれくらいの数値がどれくらいの音量になるのか?

まとめてみました

防犯ブザーを選ぶときの参考になるでしょう

 

音の大きさは「デシベル」で表示されます

おすすめは80デシベル以上です

実際にどれくらいの音が80デシベル以上なのか?

参考にしてください

・80デシベルはピアノの音

・90デシベルは犬の鳴き声

・100デシベルはガード下での電車の音

・110デシベルは車のクラクションの音

・120デシベルは飛行機のエンジン音

 

ちなみに80デシベル以下について

・70デシベルは掃除機の音

・60デシベルは人間が普通の声でする会話

・50デシベルは静かな公園レベル

・40デシベルは図書館や閑静な住宅街

 

防犯ブザーの音を鳴らすとき

・本体についているボタンを押すタイプ

・ひもを抜いて鳴らすタイプ

・ひもやボタンと両方ついているタイプ

 

とにかく使い勝手のいい品を選ぶようにしましょう

ストーカー、強姦などに襲われたとき

ボタンを押し続けることは難しいかもしれません

そのため長く音が鳴り続けるひもが抜けるタイプの方がおすすめです

 

防犯対策をご検討の方へ


ページトップへ